喫煙システム / 理想的な空気環境

助成金・補助金について

平成27年6月1日より職場の受動喫煙防止対策(事業者・事業場の実情に応じた適切な措置)が、事業者の努力義務となりました。
これから職場の分煙対策に取り組まれる事業者の方向けに、国や東京都が費用の一部を支援する助成金・補助金制度をご紹介します。
ミドリ安全では、助成金・補助金申請についてお手伝いをさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。
厚生労働省の助成金制度
受動喫煙防止対策助成金
東京都の補助金制度
分煙環境整備補助金
厚生労働省では、職場での受動喫煙防止対策に取り組む事業者向けに対する支援を行っています。受動喫煙防止対策を行う際に費用の一部を支援する「受動喫煙防止対策助成金」についてご紹介します。

対象となる事業主

次の1~3すべてに該当する事業主が対象です。

1.労働者災害補償保険の適用事業主
2.次のいずれかに該当する中小企業事業主
※1 労働者数か資本金どちらか一方の条件を満たせば、中小企業事業主となります。
業種 業種常時雇用する労働者数 ※1 資本金 ※1
小売業 小売業、飲食店、配達飲食サービス業 50人以下 5,000万円以下
サービス業 物品賃貸業、宿泊業、娯楽業、医療・福祉、複合サービス(例:協同組合)など 100人以下 5,000万円以下
卸売業 卸売業 100人以下 1億円以下
その他の業種 農業、林業、漁業、建設業、製造業、運輸業、金融業、保険業など 300人以下 3億円以下
3.事業場内において、措置を講じた区域以外を禁煙とする事業主

《助成の対象となる措置》
①以下の基準を満たす喫煙室の設置
喫煙室の入口で、喫煙室内に向かう風速が0.2 m/秒以上

②以下の基準を満たす屋外喫煙所(閉鎖系)の設置・改修
喫煙所での喫煙で、喫煙所の直近の建物の出入口などにおける粉じん濃度が増加しない

③以下の基準を満たす換気装置の設置など(宿泊業・飲食店を営んでいる事業場のみ)
喫煙区域の粉じん濃度が0.15 mg/m3 以下、または必要換気量が70.3 ×(席数)m3/時間

《助成内容》

  • 助成対象経費:上記①~③の措置にかかる工費、設備費、備品費、機械装置費など
  • 助成率:1/2(飲食店は2/3)
  • 限度額:100万円
●交付は事業場単位とし、1事業場につき1回のみとします。過去にこの助成⾦を交付された事業場は申請できません。
●同じ事業場で複数の場所に措置※2 を講じる場合は、1件の申請としてまとめて申請してください。
※2 同時期に⾏う措置で、①〜③のいずれか、または複数の組み合わせ。合計額の申請
東京都では、外国人旅行者が快適に宿泊・飲食施設を利用できるよう、事業者が行う分煙環境の整備に対する補助事業を実施しています。

平成29年度事業

※平成29年度の事業は終了いたしました。平成30年度における事業につきましては、詳細が決まり次第お知らせいたします。

補助対象

●東京都内の宿泊施設
ロビー等、不特定多数の宿泊客が利用できる施設に限ります。客室は含みません。

●東京都内の飲食店
資本金5,000 万円以下または常用従業員数が 50 人以下の事業者

要件

①外国人旅行者受入れのための多言語対応に取り組んでいる、または取り組もうとしていること。
②分煙環境整備後において、東京都が行うアンケート調査や視察受入れ、事業PRなどに協力すること。

補助率・限度額
  • 補助率:補助対象経費の4/5
  • 補助限度額:1施設につき300万円
  • 補助金対象経費200万円の場合:200万円 × 4/5 =160万円
  • 補助金対象経費500万円の場合:500万円 × 4/5 =400万円 補助金額は補助上限の300万円
補助対象経費

喫煙室の設置に必要な経費のうち、建築工事費(間仕切り、壁等)、給排気設備費(換気扇、ダクト工事)、電気工事費等